• トップ /
  • 家族葬で葬儀を行う際の注意点

家族葬の時の注意点

家族葬で葬儀を行う際の注意点

家族のみで行う葬儀とその注意点

葬儀の形は多様化しています。昔からのやり方で行う一般葬以外に、家族葬、一日葬、直葬、自然葬などの形式で行うことが増えてきました。近年では、特に家族葬という形式が注目されています。これは故人の家族や近しい親族のみで行うというものです。故人が特に親しかった友人などにも参列してもらうことがあります。新しい形式ですので、こうすべきという決まりはありません。家族葬で行う際は、注意すべき点がいくつかあります。まずは家族葬を行うことについて、親族の理解を得ておく必要があります。従来通りのやり方で多くの会葬者に見送ってもらうべきだという考えが強い方がいる場合、黙って家族葬を行うと、後で揉めることがあります。また、訃報を連絡する場合は家族のみで行うため会葬はご遠慮くださいということをきちんと伝える必要があります。そうしないと、訃報を知った人が弔問に来て対応に追われるということがあります。事前に案内をせずに葬儀を行い、終わってから伝えることもありますが、葬儀の知らせがなく、参列できなかったことに対して不満を持つ人もいますので注意しましょう。どの範囲まで葬儀の連絡をいれるかということは、きちんと決めておく必要があります。また、家族や近しい親族のみで行うため、通常香典は受け取りません。そのため、お葬式にかかる費用がすべて自己負担となります。低価格でできると思っていたら想定外に出費が多かったということがあるため、注意が必要です。

↑PAGE TOP