• トップ /
  • 家族葬としての葬儀の流れ

満足度が高い家族葬

家族葬としての葬儀の流れ

心のこもった葬儀の形について

近年人気の上がっている葬儀の形が家族葬です。家族葬は、家族や身近な親族、本当に親しかった友人などのみで執り行う小さなお葬式です。この良さとしては、準備や参列者への挨拶などの気の使う部分をなくすことで、ゆっくりと故人とのお別れの時間を過ごせることにあります。最後のお別れだからこそ、故人の好きだった音楽や物に囲まれて家族だけの静かで柔らかな時間を過ごして見送ることで、心の整理がつきやすい良さがあります。また、費用面での負担が少ないことから、生前のうちに自分で希望している方も少なくありません。この家族葬の流れとしては、まず葬儀に呼ぶ方に声をかけます。この時にしっかりと家族のみで行うということを親族に伝えることが大切です。訃報には家族のみで葬儀を行うことにすることをしっかりと伝えます。そして、その形態は遺族のしたい形、故人が生前希望していた形などを取り入れて葬儀会社と打ち合わせします。そしてお通夜、葬儀と流れ、終了後には呼ばなかった方に対しての報告をすることも必要です。家族葬をした場合、その後に自宅に弔問に訪れる方がいるので、その準備をしておきます。このような流れで家族葬は行いますが、その家族らしい形で見送ることが出来ることで現代の風潮に合っていて人気が高まっているのです。

↑PAGE TOP